読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

依田一義の不動産blog

依田一義がお送りする住宅に関するあれこれを綴るブログです。

依田一義のエネルギーコラム ~平和堂が電力小売り事業に参入~

平和堂は、新電力ベンチャーの洸陽電機(神戸市)と提携し、4月から全面自由化される電力小売り事業に参入する。再生可能エネルギーを中心に生み出される電力を代理販売する。滋賀県京都府などで展開しているスーパーのカード会員に電力使用量に応じてポイントを付与することで、顧客サービスの拡充にもつなげる。

環境に優しい電力の販売を通じ、地域や顧客に貢献するため参入を決めたという。

契約対象は、平和堂のポイントカード「HOPカード」会員で、関西電力中部電力の一般的な家庭料金の契約者。初年度は滋賀県内の全世帯の7%にあたる3万5千世帯との契約を目指す。

月額は、300キロワット時使う標準家庭の場合、7160円で、関電に比べ7%安く設定した。利用料金の1%をカードのポイントとして還元する。ホームページで24日から予約の受け付けを始める。

彦根市の本社で記者会見した夏原陽平取締役は「高浜原発の運転が一時停止するなどエネルギーの不安定さが残る中、新電力の比率が増えれば安定供給できる」と話した。

洸陽電機は、太陽光、地熱、水力などの発電施設を全国54カ所で展開している。供給量全体の7割を日本卸電力取引所など外部から調達しているが、今後も自社の発電能力を増強するとしている。

電力小売りの全面自由化をめぐっては、県内では滋賀電力(米原市)が販売を予定しているほか、スーパー「生鮮館なかむら」を展開する「なかむら」(左京区)が代理販売を始めるなど新規参入の動きが広がっている。